沖縄の観光はレンタカーが無いと不便!?

沖縄観光はレンタカーなしではプラン通りスムーズに観光できません・・・ - 沖縄の道路環境は複雑!?

沖縄の道路環境は複雑!?

念願かなってついに彼女と沖縄旅行に行ってきました。彼女とのデートはいつも車なので沖縄でももちろんレンタカーを借りてドライブを満喫しました。沖縄をドライブしていて本土との道路環境の違いを感じました。たまにヒヤッとする場面もあったので、これから沖縄で車を運転するという方のために、沖縄の道路環境をまとめてみました。

信号が圧倒的に少ない

那覇市内や沖縄本島の市街地では感じることが少ないのですが、市街地をちょっと離れると信号がまったくないという状況に遭遇します。東京では信号待ちでイライラなんてこともありますが、沖縄ではその心配はご無用です。但し信号がない分、スピードを出し過ぎることが多々あり、子どもの飛び出しや交差点での出会い頭の事故に注意が必要です。住宅地や小中学校の近くでは、横断歩道がなくても周囲に子どもやお年寄りがいないか注意して運転しましょう。運転する際の基本中の基本でもありますが、沖縄では特に注意が必要です。

バス専用レーン

那覇の中心部では、朝と夕方の通勤時間帯にバス専用車線が時間限定で現れます。特に難しくはないのですが、決まった時間帯に市街地の大通りの左側車線がバス専用レーンになります。もしもその時間帯にバス専用レーンを走ってしまうと違反になってしまうので、標識を見落とさないように運転しましょう。

沖縄ルールを知れば怖くない

沖縄にはたくさんの沖縄ルールが存在します。しかしこれは沖縄に限ったことではありません。各地域にはそれぞれ独特のルールがあります。郷に入っては郷に従えと言われるように、その土地のルールやマナーさえ理解すれば、何も問題はありません。沖縄の大自然を時間を気にせずに満喫したい人は、沖縄の道路環境をしっかりと把握したうえでレンタカーを借りてドライブするのが最高の選択肢です。

関連する記事